職員紹介

職員紹介

社会福祉法人 大門福祉会

理事長   大門  亘

 

 

 

「今年度の数値目標は」

「今年度の目標」を決めている人はいるでしょうが「目標の数値」まで決めている人は少ないと思います。例えば、「我が家の幸せ度を「60」から「75」に引き上げる」などです。「数値目標」の設定は、一年後にその数値に達しているか否かを他人の評価を待つことなく自分自身できちんと点数で評価できるという点でメリットがあります。いわゆる「目標」が漠然とした目標ではなく、きちんとした目標になります。そういう意味で「数値目標」を立てることはとても大切です。みなさんも是非「今年度の数値目標」を設定してみませんか。

私の今年度の数値目標の第一は、「○○を○○○○にする」です。現時点での評価は30点ですが一年後には合格点の60点にはしたいと思っています。思っているだけでなく、努力します。

第二、第三の数値目標もありますが、それ・・・・・内緒です(^_-)-☆。


園長    大門 美砂子

 

 

 昨年の4月、「コロナほぼ終焉の後は、生まれ変わったように頑張ってみたくなった」と書きました。残念ながらコロナの終焉はいまだ見えていませんが、少し付き合い方が分かってきたような気がしています。昨年できなかった行事なども工夫を凝らせば出来るかもしれません。どうも固定概念が邪魔して新しい発想が出てくる予知がなかったようです。(前にも書きましたが)昨年度はコロナのお陰で思わぬ発見がいくつもありました。今年度、保育園の行事が様変わりしたと思っていただけたら、これ以上嬉しい事はありません。でもやっぱり「コロナほぼ終焉の後は、生まれ変わったように頑張ってみたい」と再度心に誓いたくなっています。

 

 


たまご組

 

 

うららかな春の日差しを浴びて、可愛いたまご組さんは12名でスタートします。0歳児は運動機能や五感の発達がめざましく、日々の成長がとっても楽しみな時期です。その中で「初めてできた」という喜びを、保護者の皆様と共に喜び合い楽しい一年にしていきたいと思います。また、初めての集団生活は、子ども達だけでなく保護者の皆様も戸惑いや不安を感じるかもしれませんが、担任一同、一人ひとりの気持ちに寄り添いながら、一日も早く安心してすごせるようサポートしていきたいと思います。担任の中には絵本の読み聞かせが得意な2児の母や、離乳食のことなら任せてと張りきる4児の母がいますので、何でもご相談ください。 

 

 


ひよこ・こばとぐみ 

 

 

 新しいお友だちが8名加わり、男の子15人女の子10人でこばと組がスタートします。こばと組での年度初めは、高月齢(こばとぐみ)低月齢(ひよこぐみ)に分かれての保育をしていきます。月齢差が大きい前半は、一人ひとりの成長に合わせた活動を行い、無理なく生活が出来るようにしていきます。年度中旬以降を目安に一斉保育が出来たらと思っています。また、トイレトレーニングや衣服の着脱、食事のマナーなどの基本的な生活習慣を、なんでも吸収できるこのスポンジのような時期に合わせて、徐々に進めていきます。一人ひとりの「できた!」「すごい!!」を、この一年で沢山共感しながら、楽しく生き生きとしたクラスにしていきたいと思っています。担任はベテランからフレッシュな顔ぶれまで、幅広く揃った8名で担当します。一年間、どうぞよろしくお願いします。


あひるぐみ

 

 

こばと組さんの1年で、赤ちゃんらしさが少しずつ変化し、顔つきだけでなく心もぐんぐん大きく成長したことと思います。あひる組では、一年間を通して少しずつ幼児クラスに向かって歩みを進めていきます。また、誕生会での出し物の参加や知育・リトミックなど、新しい取り組みもスタートします。初めてのことがこれからいっぱい待っていますが、それらの経験を通して、お友だちからの刺激を受けながら、結果に関係なくそこまでの過程を褒めてもらったり、“自分で出来た‼”という喜びや達成感を味わったりしながら、一人ひとりがたくさんの自信を積み上げていけるよう、担任4名心をひとつに頑張っていきます。

子ども達の様々な気持ちを側で見守り、共感しながら、みんなでたくさん笑って毎日を楽しく過ごせるようにしていきたいと思います。1年間どうぞ宜しくお願い致します。 

 


うさぎぐみ

 

  

今年のうさぎ組さんは、エネルギッシュで個性豊かなお友達が揃っているので「どんな一年になるんだろう?」と担任一同ワクワクドキドキ♡しています。うさぎ組では幼児組の仲間入りをし、自分でいろいろな事に挑戦していかなければなりません。また行事への参加も沢山あります。「苦手な事も諦めずに頑張る!」を合言葉に、ぞう組・らいおん組の真似をしたり、助けてもらったりしながら、沢山の刺激を受けて日々成長していけるよう、担任3人で連携を図りながらサポートしていきたいと思います。また3歳児クラスでは、友達と遊ぶ事の面白さが分かってくると同時に、トラブルや喧嘩なども経験する時期です。喧嘩やトラブルも「子ども達が成長するチャンス」と捉え、保育士が上手く関わり合いながら、子ども達自身が自分の気持ちに折り合いをつけたり、お友達を思いやる気持ちを持ったり出来るようにしていきたいです。1年間どうぞ宜しくお願い致します!

 

 


ぞうぐみ

 

 

 新しいお友達1名を迎えて24名でのスタートとなります。幼児組に入ってから1年が経ち、幼児の生活リズムにもすっかり慣れた子ども達。この1年は少しお兄さんお姉さんになり、さらに自分一人でできることが増えていきます。その一方でまだ失敗してしまうこともあったり、初めてのことはやってみたいけれど不安だったり、やっぱり甘えたい気持ちもあるし…と複雑な気持ちを抱えるお年頃でもあります。そんな時に、一歩前へチャレンジしてみようかなと思えるように、そっと背中を押したり思いを受け止めていきたいと思っています。前へ出てみてまた戻ってきても大丈夫!!それを少しずつ積み重ねていくことで「経験」という自信へと繋げられる1年間にしていきます。一緒に成長を見守り、笑いあり涙ありの充実した日々を過ごしていきましょう!1年間宜しくお願い致します。

 

 

 

   

 


らいおんぐみ

 

 

いよいよ年長組ですね。 「さぁ今年度はどんな1年になるのでしょうか?」

先生たちは、とてもワクワクしています。今までコロナ対策の中で色々な生活様式に順応し、新しい行事スタイルにも臨機応変に取り組んできた子ども達です。

【どんなことが起きても“へっちゃら” 】 【どんなことがあっても楽しみ方を知っている】これは、今の子ども達だからこその『強み』ですよね。

まだまだ個々の主張がある時期ではありますが、色々な出来事・時間を共有していきながら、みんなで1つのことに向かい頑張る心地よさや達成感を味わえる保育を展開していきたいと思います。そして最後に「○○な1年だったね」とみんなで楽しく思い出話をしたいと勝手に思っています。 

 

 

 


                        調理・事務・用務

延長保育担当保育士

 

 友達と一緒に食べる喜びと楽しさを味わえるように、今年度から世界美味しいDAYがスタートします。心を込めた愛情たっぷりの給食やおやつ作りに励んでいきたいと思います。

今年も美味しい果物がみんなに食べてもらえるように丁寧に育てていきます。昨年ご紹介したバナナのように美味しい実をつける「ポポー」も少しずつ大きくなってますので見守っていて下さい。(月桂樹の横)

 

綺麗なお部屋でお絵描きや折り紙が出来るようにお掃除頑張ります。また園庭に沢山のお花が咲くように色々なお花を植えますので見てくださいね。